中国EC事業展開のメリット

現在注目を集めている市場規模の大きい中国EC事業。
ACD MALLでは、より安心・手軽に越境ECを行うことができる
海外販売サービスをご用意しています。

中国のネット事情

中国のネット通販小売総額は、2015 年には前年比 37.1%増の約 3 兆 8,160 億元に達すると推計されている。これは、中国における 2015 年の社会消費品の小売総額 30 兆 931 億元の約 12.7%を占める規模であるが、今後も堅調な伸びが続くことが予想されている。
一方、中国のネット通販における輸入品の市場規模は、2015 年には前年比 2.1 倍の約1,184 億元に達したとみられる。中国のネット通販における輸入品販売は、今後もネット通販市場全体よりも急速な伸びを続け、ネット通販全体に占める割合は 2018 年には 2015 年の2倍以上になると見込まれている。
(出所)iResearch 「2016 年中国越境輸入小売電商業行研究報告

中国ECを行うべき3つの理由

理由1国内市場の縮小に備え
海外市場への参入が必要

日本のGDPシェアは、2013年には6.56%で2018年には5.53%まで縮小すると予測されています。
そのため、今後継続的に売上を伸ばしていくためには、国内の市場の縮小に備え、今のうちに海外向けの販路を持っておく必要があります。
また、海外に向けた販売は大きな販路の拡大であり、新規顧客の獲得に繋がるというメリットがあります。

理由2最新中国EC市場動向

経済産業省が 2016 年 6 月に公表した調査結果によると、日米中 3 ヵ国における消費者向け越境 EC 市場規模の中で、中国向けの販売が金額・伸び率共に最大であることがわかる。中国消費者向けの越境 EC 販売は、今後もその規模が拡大していくことが期待される。

理由3日本製品の人気

中国では日本製の品質の高さから人気が高く、特に2014年10月に開始された免税対象品の拡大と、円安の影響により、その数はさらに増え続けています。
ACD MALLではMADE IN JAPANの商品をお客様が安心して購入できるスキームを確立しているという特徴と、中国向けのプロモーションを行っているため、多くの中国人ユーザーに認知される仕組みづくりを持っています。

中国ECに少しでも興味ある方はすぐ相談!
専任アドバイザーがお答えします

資料請求・出品お申込み

お電話でのお問い合わせは 03-5931-8742 まで

TOP